鍵交換や修理のトラブルが起こった時は業者にお任せ

鍵の交換や修理を業者に依頼してトラブルを解決させよう

小さな鍵 手の中のかぎ

鍵の修理を探す女性

鍵というのは世の中に溢れています。
住まい、金庫、自転車、自動車、オフィスといったところに存在しています。
鍵というのは大切なモノを守るために取り付けられています。大切に扱っているつもりでもトラブルが起きてしまう恐れがあります。トラブルが起こった場合には、自分で修理をすることも可能な場合がありますが、多くの場合は専門の業者を利用することになります。
業者ではどういったトラブルに対応しているのか紹介します。

・鍵開け
玄関などの鍵をなくしたという場合に開錠してもらうといったことです。開錠と共に、新しい鍵を作製してもらうことができます。鍵の種類によって費用が変わります。バイクや自動車などの鍵開けの場合には、特殊な鍵であれば費用が高くなります。

・鍵交換
防犯性高い鍵にしたい、老朽化しているといった場合に新しい鍵に交換することです。鍵の種類によって費用が変わります。一般的な鍵から高機能の鍵まであります。

・修理
鍵が入らない、折れた、回らないといった場合に修理を行うことです。特殊な工具で鍵開けをして、修理や新しいものと交換します。

・作製
鍵をなくしてしまった、合鍵を作製してほしいといった場合に利用します。

・取り付け
補助錠、ドアチェーン、ガードプレートを取り付けるといったものです。

カギ修理業者に依頼することで、鍵にまつわるトラブル全般を解消してもらうことができます。

さびれた南京錠

侵入窃盗の件数というのは、平成25年現在で132万件です。平成15年から侵入窃盗の件数というのは減少しているものの、それでも132万件あります。

侵入窃盗の手口の中で「空き巣」が約4割を占めています。
空き巣というのは、住宅を対象をしていることが多いです。また、侵入経路としては玄関、裏口、ベランダ、窓といったことが多いです。
鍵を破壊する、ガラスを割るといった方法で侵入することが多いです。ただ、無施錠の家も多く存在し、隙を狙って侵入してくることもあるようです。

空き巣に狙われやすい家というものも存在しています。
空き巣に狙われやすい家の特徴としては、「容易に侵入できる鍵」の住宅です。
古いタイプの鍵というのは一つのドアに一つの鍵です。また、シンプルな作りになっているので誰でも容易に開けることができてしまうのです。
防犯性の高い鍵に交換する、修理をすることで、安全性の高い住宅にすることができます。

被害に遭ってからでは遅いです。
被害に遭う前に意識を変えて、防犯性の高い鍵にする必要があります。

防犯性の高い鍵について紹介します。
・耐ピッキングシリンダー
ピッキングというのは鍵穴に特殊な工具を差し込み解錠するといった手口です。ピッキングで解錠することが困難なロータリーシリンダー嬢、ディンプルシリンダー錠などにすることで防犯性が高くなります。

・補助錠
現在ではワンドアツーロックが当たり前になっています。空き巣を防ぐためには、侵入までの時間を長くすることです。補助錠を取り付けることによって防犯意識の高さを表すことができ、侵入までの時間を長くすることができます。

・カードキー
カードを認証部分にかざすことでドアの施錠、開錠を行うことができます。ピッキングやサムターン回しといった手口を防ぐことができます。オフィス向け、一般家庭向けなどの種類があります。

・指紋認証
指紋を認証部分にかざすことでドアの施錠、開錠を行うことができます。指紋で操作可能なので、鍵を持ち歩く必要がありません。個人宅よりもマンションなどの集合住宅で設置されていることが多いです。

家の鍵

鍵業者を利用する場合には、どういった流れで作業が行われるのか紹介します。

・探す
まずは利用する業者を探します。探す場合には、インターネットを利用することで短時間に多くの業者を比較することができます、ネットからおよその見積金額を知ることもできます。

・問い合わせ
利用する業者を決めたら電話かメールで問い合わせます。問い合わせでは、トラブルの内容、訪問日時を決めます。大手の業者であれば、24時間365日無料で受付をしています。

・作業日
問い合わせをして、すぐに近くの店舗のスタッフが訪問してくれます。急ぎではない場合には、後日作業してもらうことも可能です。作業が開始される前に現地調査を行い、見積書が出されます。見積書の内容鬼納得することができれば、契約をしてその場で作業をしてもらうことができます。

・完了
作業が完了したらスタッフと一緒に確認をします。作業に不備がなければ料金を支払います。料金の支払方法は、現金、クレジットカードなどという方法があります。業者によって対応している支払い方法が異なります。

鍵の交換や修理を行う場合には、本人確認できるものが必要となります。運転免許証、パスポート、公共料金領収書、郵便物、クレジットカード、保険証などが挙げられます。
しかし、鍵のトラブルにより、本人確認できるものが手元にないという場合は、業者に問い合わせた時に相談をするようにしましょう。